賃貸を借りるまでの流れ

賃貸といえば、リフォームはご法度ですが、入居時にある程度希望を聞いてくれる物件も登場しています。

賃貸を借りるまでの流れ

自分好みにカスタマイズできる賃貸も

インターネットでの賃貸住宅探しでは、いろいろな条件で絞り込めるようになっています。新築にはこだわらないけど、あまりにも古い物件は嫌、という人は珍しくありませんので、築10年以内とか、15年以内、という条件で絞り込む人は多いでしょう。しかしそうすると、今注目のリノベーション物件ははじかれてしまいます。昨年リノベーションされたばかりでも、築年数はあくまでも躯体部分が建てられた時が基準になりますので、新築同様の綺麗なリノベーション物件が築30年、ということもよくあります。リノベーション物件を視野に入れているのであれば、是非築年数での絞り込みは避けていただきたいと思います。

入居者のニーズに応えてくれるリノベーション物件まで登場しています。住まいのリフォームは、賃貸物件ではできませんが、入居者が入れ替わるタイミングで次の入居者の希望をある程度取り入れてくれる物件です。壁紙の色やフローリング材といった簡単な希望のみ受け入れてくれる場合もあれば、和室を洋室にしたり、対面式キッチンにしたり、間取りそのものを変更してくれることもあります。どの程度家主さんがリフォームするかによって変わってきます。賃貸でも自分好みのカスタマイズが可能になってきており、借主にとっては嬉しい傾向です。