賃貸を借りるまでの流れ

シェアハウスは一般の賃貸に比べると共有するスペースが多いため、協調性が不可欠です。初期費用を抑えられます。

賃貸を借りるまでの流れ

シェアハウスは共用部分が多い賃貸

シェアハウスとは、お風呂やキッチン、トイレなどを入居者全員で共用し、個室だけをプライベートスペースとして利用する賃貸のスタイルです。物価の高い日本で住宅を確保するにはお金がかかりますが、共用部分を増やすことで住宅費を抑えることができます。日本にしばらくの間滞在したい外国人が昔からよく利用するスタイルですので、ゲストハウスとも呼ばれています。共用部分が多いので冷蔵庫や食器棚といった家具、家電を自分で揃える必要がありません。それどころか個室にもベッドやエアコンなど、必要最低限の家具、家電が揃えられていることが多いので、身軽に入居できるところが魅力です。

今では外国人だけでなく、日本人が住まいとして選ぶことも多くなっており、住宅費用を抑えると同時に他人とのコミュニケーションを求めている人が多いことが伺えます。一般の賃貸住宅も1つの建物の中で他人と共同生活を送ることに変わりありませんが、シェアハウスの場合はキッチンや風呂といった、日常生活に欠かせないスペースも共有になりますので、他人との共同生活が苦になる人、協調性がない人は難しいでしょう。住人同士、あるいはそれ以外でもトラブルが起こったとき、どのような流れで解決すれば良いのか、確認しておきましょう。