賃貸を借りるまでの流れ

賃貸物件は、多くの人に間口を広げているものですが、中にはターゲット層を絞り込んでいる物件もあります。

賃貸を借りるまでの流れ

ターゲットを決めている賃貸物件も

住まいに求めるものは人によって違います。10人いれば10通りの理想の住まいがあります。注文住宅の人気が高いのはそのためです。しかし賃貸の場合、どんな人が借りるか分からないわけですから、間取りもデザインも似たような無難なものになってきます。気をてらったものは、一部の人には人気があるかもしれませんが、間口を狭めてしまうおそれがあるため、建てるには勇気が要ることでしょう。万人受けする、つまり普通が一番、ということで、賃貸住宅は似通ってくるのです。

しかし最近はターゲットを絞り込んで、何か特徴を打ち出している賃貸が多くなってきています。たとえばペットと暮らすマンションです。ペット可とはまた違います。ペット可は単にペットを飼っても良いですよ、というだけで、飼っていない人も住んでいます。しかしペットと暮らすことをコンセプトに建てられたマンションは、ドッグランがあったり、ペットの足拭き場があったり、とペットと暮らすための設備が用意されています。ペットのいない人が選ぶメリットはないので、ペットを飼っている人にターゲットを絞り込んでいる賃貸です。ロードバイクが流行っていますので、ロードバイク用のスペースを室内に確保しているような物件もあります。同じ趣味を持つ住人が集まるのもメリットです。