賃貸を借りるまでの流れ

賃貸借契約書は公的な契約書です。重要事項説明をよく聞いて、後悔しないように納得いく契約をする事が大切です。

賃貸を借りるまでの流れ

賃貸契約時に大事なこと

賃貸借契約を結ぶ前には、不動産屋の宅建有資格者から重要事項の説明があります。重要事項説明は、賃貸契約を結ぶことになる借り主に対して、宅建有資格者がしなければならないと法律で決められています。賃貸契約書は法的に効力がある公的な書類です。それにサインをしたということは、事前に受けた重要事項説明書の内容にすべて納得したということになります。後で内容に納得しないといっても通用しませんので、しっかりと聞いておくことが大切です。また、もしも説明に納得がいかない場合は、その場で条件交渉をして、納得のいく条件を引き出すことです。話し合えば妥協点が見つかる可能性があります。

そして交渉のうえ引き出した条件は、必ず書面にしてもらうことも大事です。口約束だけだと、あとで「言った」「言わない」という議論になってしまいます。条件をすべて書面に起こしてからサインをして、証拠として残しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができるのです。もしも交渉をしたうえで納得のいく条件を引き出せなかった場合は、賃貸契約を止めることもできます。契約前ならキャンセルすることが可能です。入居申込み時に入居申込み金を支払っていた場合は、入居申込み金は全額返金してもらえます。