賃貸を借りるまでの流れ

ペット可の賃貸物件は、何かマイナス要素があったりしますが、ペットの飼育を前提に建てられた物件も出始めています。

賃貸を借りるまでの流れ

後付ではなく、はじめからペットの飼育を前提とした賃貸物件

長い間難しかった賃貸住宅でのペットの飼育ですが、最近は可能な物件も増えています。とはいえ、まだまだ制約は多いですし、新築物件では少ないのが現状です。ペット可の物件の特徴は、築年数が経っている、交通の便が悪い、などなんらかのマイナス要素を持っていることです。そのままでは入居者の確保が難しいので、ペット可を打ち出して、せめてペットを飼っている人が入居してくれるようにとのことでつけられた条件です。つまりは空室対策であり、そのままでは空室が出かねないような物件です。もちろん全部が全部というわけではありませんが、新築で交通の便が良く、何もしなくても入居者に困ることがないような人気物件でペット可というのはあまりありませんから、そういう傾向があることは事実です。

ところが最近は、ペットを飼うことを前提として建てられた賃貸物件も登場してきています。古くなって後付でペット可にしたわけではなく、はじめからペットを飼う人が住むことを前提に建てられていますので、ペットにとっても飼い主にとっても使い勝手が良い設備等が揃っています。たとえばペットのシャンプースペース、リード掛け、キズがつきにくい床材などです。ペットを飼う人ばかりなので、飼っている人とそうでない人が対立することがなく、安心して暮らすことができるのが特徴です。