賃貸を借りるまでの流れ

特優賃は、自治体の補助があるため、優良でありながら家賃が手頃な賃貸住宅です。補助は最大20年です。

賃貸を借りるまでの流れ

優良で家賃が手頃な賃貸住宅

賃貸住宅は全国に数多くありますが、広さや立地によって大体の家賃相場が決まっています。大家さんは慈善事業ではなく、利潤の追求のためにしていますので、理由もなく家賃を低く設定することはありません。妙に家賃が安いと思ったら、とても古い物件であったり、バス停からも遠くて交通の便が非常に悪かったり、と何か理由があります。安くて良い物件に住みたい、と誰もが思うでしょうが、なかなかそう都合良くはいきません。しかし一定の条件を満たせば、手頃な優良住宅を借りることができます。それが特定優良賃貸住宅、略して特優賃です。

特優賃は、自治体の補助が受けられる賃貸住宅で、広さや設備など、厳しい審査基準も設けられているため、住みやすい優良な賃貸でありながら家賃が手頃という入居者にとっては夢のような住まいです。建設費用は自治体から補助が出て、周辺との相場家賃との差額も補填されますので、大家さんとしてはリスクは何もありません。但し家賃は毎年見直され、数パーセントずつ上昇します。家賃の補助が受けられるのは最大で20年となっています。しかし同じ賃貸住宅に20年以上住むことは稀ですので、ひとまず手頃で優良な賃貸を探しているという人は、調べてみると良いと思います。