賃貸を借りるまでの流れ

マイホーム資金を貯金するために、3年間の間夫婦2人で1DKの賃貸マンションで暮らしをしていました。

賃貸を借りるまでの流れ

3年間の間1DKの賃貸マンションで暮らしていたこと

私は主人と結婚することをきっかけに、新居として1DKの賃貸マンションを借り一緒に暮らし始めましたが、毎月の家賃を少しでも抑えて暮らしたいと思い、2DKの間取りの広さの賃貸マンションで暮らす決意をしましたが、夫婦2人で暮らすためには1DKの間取りの広さだと非常に狭く感じるため、一緒に暮らし始めた当初からもう少し広い物件を選べば良かったと後悔することが度々ありました。1DKの賃貸マンションで3年間暮らした後、新築の一戸建て住宅を購入し無事引越しすることができた私たち夫婦ですが、3年間の間1DKの間取りの部屋で我慢して暮らしたため、マイホーム資金を貯金することができましたが、新婚当時から新築の賃貸マンションを選び暮らしていれば、現在でもマイホームを手に入れることができないまま同じ物件で暮らし続けていた可能性が非常に高いです。

3年間の間自分の自由な空間が欲しいと思い日々を暮らしていましたが、何度も我慢したからこそマイホーム資金を貯金することができたと私自身思うため、私たち夫婦が1DKの賃貸マンションで暮らした3年間の間の生活は決して無駄ではなかったと、マイホームを手にすることができた今改めて思います。