賃貸を借りるまでの流れ

高校を卒業後大阪府で仕事に従事することが決まっていた私は、1DKの賃貸マンションを借り暮らし始めました。

賃貸を借りるまでの流れ

賃貸マンションを借り1人暮らしをしている私のこと

私は高校を卒業後大阪府の本社で仕事に従事することが決まっていたので、地元を離れ大阪府で1人暮らしをしなければいけない状態でした。高校を卒業したばかりの私が、仕事に従事しながら1人暮らしをすることができるのかと両親は非常に心配していましたが、私自身苦手な家事を少しでも軽減して暮らすことができるように、食器洗い機や浴室乾燥機が完備されている賃貸マンションを選び暮らすことを決意しました。1DKという間取りの広さだったため、洋服や荷物が多かった私にとって室内が少し狭く感じましたが、実家から賃貸マンションに引越しするために、荷物の断捨離を行うことによって、居住空間を何とか確保することができました。

女性は比較的洋服やアクセサリーなどを多く所持している人が多いため、1人暮らしをする場合2DK以上の間取りの賃貸マンションを選び暮らしている人が非常に多いですが、少しでも毎月の家賃の負担を軽減するために荷物の断捨離を行い、ワンルームマンションで暮らしている人も存在するため、1DKの賃貸マンションで暮らすことができる私はとても幸せに感じます。5年間の間同じ企業で勤めた私は、自分のスキルアップのために他企業に転職しましたが、実家へ戻るより大阪府で1人暮らしをしている方が私にとって生活しやすいため、現在でも同じ賃貸マンションで暮らし続けています。