賃貸を借りるまでの流れ

賃貸住宅は集合住宅が多いですが、アパート、マンションなど、主に構造によって呼び名が変わります。

賃貸を借りるまでの流れ

賃貸住宅は構造によって名称に違いが

賃貸住宅は圧倒的に集合住宅が多いですが、集合住宅にもマンション、アパート、ハイツなど、呼び名がいろいろあって、分かりにくいものです。2階建てくらいまではアパート、5階建て以上ならマンションと呼ばれることが多いですが、3階建て、4階建てといった中途半端な規模の集合住宅をハイツ、コーポと呼ぶことが多いです。実は法律上木造をマンションと呼んではいけないなどという決まりはありません。仲介する不動産会社が適当に決めているのが現状です。しかしマンションは高層でコンクリート造、アパートは低層で木造とのイメージが一般的にありますので、イメージとかけ離れた表記をするわけにもいきません。概ね上位のような区別で間違いありません。

借りるかどうかは当然見てから決めるでしょうが、名称に惑わされず、実際の住み心地や構造に注目するようにしましょう。賃貸を借りる時、やはり遮音性能は気になるところです。木造と軽量鉄骨造は遮音性能においてはほぼ差がありません。鉄筋コンクリート造、コンクリート造に比べると劣ります。その分家賃は低めに設定されています。しかし木造でも隣り合った部屋の配置によってはほとんど気にならないこともあります。設備や立地も重要です。